出産後の女性に多い痔

出産後に痔になりやすい理由

女性が出産後に痔になりやすいのも、腹圧が上がるためと言われています。
腹圧(おなかの中の空気の圧力)が上がって、肛門周囲の静脈がうっ血し、便で肛門が傷付きます。

 

切れ痔の場合、何度も繰り返していると、肛門が狭くなったり、傷がただれて潰瘍になったりします。
こんな状態になると治療も難しくなるので、1,2度切れた段階で便通をよくするような処置をしましょう。
初期のころなら、便を軟らかくして、肛門が切れないようにさえすれば、切れ痔は自然に治ります。

 

そうです。便秘解消は、自宅で痔をケアするための鉄則なんです。便が練り歯磨きと同じぐらいの硬さになればOKです。

 

便秘解消はまず食事から。食物繊維の豊富な野菜や、海藻、豆類、ヨーグルトや水分も積極的にとるようにしましょう。
野菜が不足しがちな人は、食物繊維を多く含んだサプリメントなどを利用するのも手です。

 

必要に応じて便秘薬を利用してもかまいません。
また、お尻をすぼめ、肛門をキュっと締める肛門括約筋トレーニングもおすすめ。
肛門周囲の血流が良くなるので、特に脱肛を防ぐ効果は抜群。毎日続けたいものです。